• 自己破産を選択する場合には

    • 自己破産は、様々ある借金問題の解決策の中で、一番デメリットも大きな解決策です。



      現在抱えている借金問題で受けているデメリットと、自己破産で得られるメリットを秤にかけ、メリットの方が大きいと判断された時に選択すべきものです。



      任意整理や特定調停、個人再生などが選べない時、最終的に選択するものと考えられます。

      そういった判断は自分では難しく、これは司法書士や弁護士などの専門家に相談を行うのが得策です。


      その後の手続きに関しても、依頼した方がスムーズに運びます。



      自己破産を行えば、その後、クレジットカードやローンなどの契約は難しくなります。

      現金決済だけをこの先行う決意が必要です。



      信用の復活は、大変困難です。



      グレーゾーン撤廃や総量規制などによって貸金業法が大きく変わり、その影響を受けて借金問題を抱える人が一時的に激増しました。



      そのため何らかの法的手段によって解決する人も増やしてしまったのですが、その中で、返済を前提にした解決方法を選択した人と、偏差にしない方法を選択した人に分かれます。


      返済を前提にした任意整理や特定調停であれば、金融業者の対応も柔軟で、解決後に信用の復活は期待できるようになってきています。



      しかし個人再生のように、借金を圧縮して解決する方法や、借金を返済しないことで解決する自己破産に対しては、厳しい対応です。



      その点も覚悟し、最終手段として選択すべきものです。
      実際に、自己破産によってしか、解決できない借金問題はあります。


  • 関連リンク

    • 自己破産を選択する場合には

      自己破産は、様々ある借金問題の解決策の中で、一番デメリットも大きな解決策です。現在抱えている借金問題で受けているデメリットと、自己破産で得られるメリットを秤にかけ、メリットの方が大きいと判断された時に選択すべきものです。...

    • 自己破産で得るメリットとデメリット

      自己破産とは、債務整理の方法の一つで、裁判所に自己破産の申し立てを行い債務を無くする(免除)方法です。自己破産は法律により破産をすることで、人生を再生する方法であり、債務額が多くなり、支払いが不能となって多重債務化するような場合、債務整理の方法として行うのですが、自己破産の場合すべての債務を無くすため、その後の返済がなくなるというメリットがあります。...